• fudaojp

小澤蠟燭店

更新日期:2019年8月23日



古時候還沒有電燈的時候,家家戶戶入夜後都需要點蠟燭。 在那個時代蠟燭是奢持品,窮人很難買得起。 相較於現在人,點蠟燭大多是為了環境芳香以及氣氛😅 . 會津地方在江戶時期蠟燭工藝就非常興盛,那時的蠟燭是用手工方式製作彩繪的。✨ 所以十分珍貴,只能使用在貴族家裡或祭拜神明上。

江戶中期傳承至今的小澤蠟燭店,是製作及販賣手工蠟燭的老店,蠟燭上畫著名為「會津繪」的花朵圖案🌸,不得不佩服職人精湛的手藝。 店內現在也有彩繪蠟燭體驗哦!✨

🌸小澤蠟燭店🌸 ・地址:福島県会津若松市西栄町6-27 ・營業時間:8:30~19:00(不定休) ・彩繪蠟燭體驗:900日圓,需提前電話預約 (製作大約50分鐘,當天就可以帶回家了) ・電話:0242-27-0652 ・官方網站:https://www.aizuerousoku.com/index.html… 搭電車到「七日町」站➡走路約15分鐘就會抵達 搭電車到「会津若松」站➡走路約20分鐘就會抵達 搭觀光巴士到「神名通り」下車➡走路約2分鐘就會抵達 . .



江戸時代には会津絵ろうそくは最高級品として、参勤交代の度に江戸に持参され、禁裏、 公家へ献上したり、諸国大名へ売られたりし、仏事や婚礼などの冠婚葬祭用として使われました。 昔は挙式と披露宴を家でおこなうことが多く、日が落ちてから大勢の客を招いての祝宴を演出する際、 身分の高い人々の間で絵ろうそくが使われ、その華やかな様子を例えて「華燭」とは結婚式の席などの 華やかなともしびの意味として使われるようになりました。

⬇⬇⬇ Instagram↓ ↓ ↓ https://www.instagram.com/fudao.jp/

twitter↓ ↓ ↓ https://twitter.com/fudaojp

2 次瀏覽
我是福島縣吉祥物「奇比蛋」,希望透過這個觀光情報網站能讓您對福島縣有新的認識,並能親身造訪。

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com

  • Facebook社交圖標
  • Instagram
  • Twitter的社交圖標