• fudaojp

二本松市和紙傳承館


有1000年以上歷史傳承的上川崎和紙。 是日本無形文化財產,重要的工芸技術之一‼



據說起源於平安中期冷泉皇期間,被稱為「陸奥紙」。 質感好且耐用優雅,是有品味的高級和紙代表✨✨ 相當受到紫式部和清少納言等貴族的喜愛💕



二本松市和紙伝承館(道の駅 安達(上り) 地址:福島県二本松市下川崎字上平33-1  電話:0243-61-3200(10人以上需事先預約) 體驗時間:9:00~16:00 休息日:1/1 入館費:免費‼‼ 官方網站:http://www.michinoeki-adachi.jp/shop_nobori/washi.html . 🌟體驗製作項目🌟 和紙製作體驗(はがき):體驗時間30分・500円 和紙書籤繪畫體驗(絵付うちわ):體驗時間30分・600円 . .


その起源は、平安中期に冷泉天皇の時代に始められたと伝えられ、「みちのく紙」と称され、 紫式部や清少納言たちに愛された「まゆみがみ」はここで漉かれたといわれています。 「道の駅 安達(上り)」のある福島県二本松市は上川崎紙の産地。 上川崎紙は、平安時代には「みちのく紙」として珍重されたといわれる、 ふくよかで気品のある丈夫な和紙です。上記の紙漉きの写真は、 道の駅にある「二本松市和紙伝承館」の堀越さん。水にといた楮の繊維とネリ(粘剤)を、 竹ひごなどで編んだ簀(す)を取り付けた簀桁(すげた)で揺り動かしながら漉いています。 和紙の製法では一般的な「流し漉き」と呼ばれる方法。 「二本松市和紙伝承館」では、紙漉き体験が可能で、予約なしのはがきから、 立体オブジェまで作ることができます。のし袋や万華鏡など上川崎紙で出来た和紙製品も購入できます。 道の駅内の手作りアイスのお店ではなんと、 和紙の原料である楮(こうぞ)の葉の粉末が入っている「和紙ソフトクリーム」も!



⬇⬇⬇ Instagram↓ ↓ ↓ https://www.instagram.com/fudao.jp/

twitter↓ ↓ ↓ https://twitter.com/fudaojp

0 次瀏覽
我是福島縣吉祥物「奇比蛋」,希望透過這個觀光情報網站能讓您對福島縣有新的認識,並能親身造訪。

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com

  • Facebook社交圖標
  • Instagram
  • Twitter的社交圖標